海と空のミサイル訓練は、プラットフォームを保護する決意を示しています

国防省と沿岸警備隊は今週、台湾東部の海と空域で毎年ミサイル射撃訓練を実施し、海軍、空軍、沿岸巡洋艦の実弾と交戦能力を検証しました。ヒット率が約98のタイプの弾薬%。国防省は昨日、最新の雄風3号対艦ミサイルや天宮3号防空ミサイルなど、さまざまなミサイル発射と演習が演習中に撃たれたと発表しました。

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。