矢板明夫の診断と孤立により、海峡の両側が平行世界のようであることに気づきました。

日本の「産経新聞」台北支部長矢板明夫は26日の夜、武漢肺炎(新しいコロナウイルス病、COVID-19)に感染していることを明らかにしました。昨日(27日)は自宅隔離の2日目でした。 、矢板明夫はため息をついた…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。