矯正代行対策 面接機材の使用率は2割強にとどまり、監査部は矯正代行に見直しを求めている

法務省矯正局は、受刑者の家族支援機能を強化し、刑務所の状況を安定させるために、一部の矯正施設が交通機関の少ない場所にあることや、受刑者の家族が遠隔地の村に住んでいると考えています。病気や老齢、移動手段の不自由などで施設に行くのが不便な人に会い、2021年に全開する」…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。