立法院の国民党青年団は、監督委員会が金銭を受け取り、何もしないことを承認した。

立法院の国民党グループは本日記者会見を開き、監査役会が「金を受け取っても何もしない」ことを承認し、監査役をナーシングホームとして扱い、提案の数と一部のレビューへの参加を指摘した。監査役会は少なく、必要性の判断、提案件数に基づく監査役会へのコメント…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。