立法院の最初の裁判では、配偶者などの近親者が地方の首長を務めることができない場合があります

マウンテンタウンシップの首長の代表も先住民である必要があります[レポーターTuJumin/ Taipei Report]地元の首長の代表をめぐる論争を避けるために、立法院の内務委員会は「地方のいくつかの規定の改正案」を可決しました昨日の最初の裁判での「制度法」では、市長、郡長、町長の代理人、村長は、配偶者、元配偶者、親族関係の4度以内の血縁者、または親族であってはならない。さらに、山間の町の市長が辞任、停職、辞任、または死亡した場合、代理人は彼に代わって行動するものとします…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。