米国によるボーイング787の強制購入に反論し、外務省:悪意のある誹謗中傷は交渉可能

聯合報は、ボーイング787旅客機の販売を強制するために、米国上院議員リンジー・グラハムが今月中旬に台湾への代表団を率いたことを紙の表紙に報告しました。外務省の北米局長官であるXuYoudianは、本日、外務省の定例記者会見で返答しました…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。