虐殺はブサで起こっただけでなく、ゼレンスキーは国連安全保障理事会が役に立たないと批判した!

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、5回目の台湾時間の夜に国連安全保障理事会で演説を行い、キーウ周辺のロシア軍による残忍な戦争犯罪を批判し、安全保障理事会にロシアに責任を負わせ、ウクライナに安全を提供するよう求めた。 …

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *