選挙を朱に結びつけるための憲法改正に反対する:それを行うための別の時間を見つける

【記者石暁光/台北報告】立法院は昨日、18歳の市民権改正法案を可決し、国民投票の次の投票時期が今年末の選挙に結びつくかどうかについて、国民党主席の朱立倫が参加した。昨日の「第7回感謝と相続奨学金と文学と芸術。授賞式」で、総選挙に関連する国民投票は拒否されたとインタビューで述べた、それは民主党と中央選挙委員会の主張である。次に、別の適度な時間に開催する必要があります。中央選挙については、市民の復興を議論する会議があります…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *