遼寧船は訓練のために頻繁に離着陸し、国防省は「警戒を強める」

【記者呉淑偉/太平報告】中国海軍艦艇「遼寧」と多数の艦艇からなる編隊が今月初日から東シナ海から西太平洋に入り、台湾に10日連続で駐屯していた。東シナ海では、空母ベースの戦闘機とヘリコプターが200を超える出撃を行って上陸しました。日本の防衛省は、遼寧省が台湾近郊の太平洋に長期滞在していると考えています。航空機運搬船の戦闘実行能力を実証するため。 「船の運用能力を示す…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。