金曜日に議論される18歳の市民権修正法案

立法院の手続き委員会は本日、「18歳の市民権」に関連する憲法改正案を3月25日の立法院会議で議論するために会合した。 3月末までに立法院の会合がない場合、選挙は年末に拘束されます。さらに、来週の火曜日、3月29日、衆議院は最高経営責任者を評価に招待します…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。