金曜日に議論される18歳の憲法改正法案

【ヤン・チェンユ/台湾報告書記者】立法院の手続き委員会は昨日、「中華民国憲法第1条改正第1条草案(18歳の市民権に関連する)」を議題に載せた。金曜日の法廷会議。今月末までに立法院に事件を送ることができない場合、国民投票は年末の選挙に追いつかないだろう。 DPPの立法者であるLinChuyinは、党グループを代表して訴訟を話し、提出するために登録した最初の人物でした。国民党連盟のゼネラルリーダーであるZengMingzongは後に、憲法の改正には高いレベルの政府と反対が必要であると述べた…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。