青いシンクタンクは、カイ政府のエピデミック防止を「進んだ」だけでなく「フォローした」と風刺した

武漢肺炎(新しいコロナウイルス病、COVID-19)オミクロン変異型ウイルスの影響を受けて、DPP政府のエピデミック予防方針は、いわゆる「新しい台湾モデル」、つまり「重症度の除去」という目標に変更されました。包括的なリセットを追求するのではなく、「ケース」と「災害軽減」、国…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。