領土ゼレンスキーなどの交渉:国民投票を実施する

【周宏文編/総合報告書】21日、ウクライナのゼレンスキー大統領は、ウクライナの公共放送「Suspilne」を通じて、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と直接平和的な対話を行う意思を改めて表明し、同時に初めて伝えた。両国間の和平交渉に関する彼の見解。立場:「歴史的」変化を伴うすべての合意、妥協などは、ウクライナ国民がレファレンダムを通じて決定しなければならない。それに応じて、クレムリンは、より実質的な交渉を期待して、応答しただけでした。ロシアは…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。