香港とマカオの専門家が台湾に来るための本土問題評議会の緩和:時間の感覚はありますが、スケジュールはありません

【記者陳玉風/台北報告】政府は当初5月1日に香港とマカオの専門家が台湾に5年間滞在して働くことを許可することを計画していた。彼らは条件付きで和解を申請できるが、国民のために停止は延期された国家安全保障についての立法者の疑念。本土問題評議会のスポークスマン、Qiu Chuizhengは昨日、政府が関山を強制的に押し通すことはなく、あらゆる分野の意見を広く取り入れることを強調した。 CCPが台湾に侵入するのを防ぐ方法は? QiuChuiが表示しています…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。