香港とマカオの専門家の決済許可が緩和されました/議員:中国の浸透について確信が持てない場合は、それをプッシュしないでください

【記者ウー・シュウェイ/台北報告】香港とマカオのホワイトカラー専門家が台湾に来て定住する許可の緩和を本土問題評議会が推進したが、多くの議員が疑念を表明した。DPP議員のライ・ルイロンは昨日のインタビューで次のように述べた。香港とマカオは現在、私の国の完全な支配下にあります。香港とマカオの人々は中国の市民権を取得し、台湾の安全に深刻な影響を与えている台湾に対してユナイテッドフロントに侵入しました。本土問題評議会のQiuTaisan議長、および本土問題評議会の副議長のQiu Chuizhengは、Qiuの側近と診断されていると理解されています…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *