香港のビジネスマンは、台湾入国管理局が制限時間内に国を離れることが違法であると判断した事件を解決するために人々を台湾に送りました

【レポーターLiuQinghou/ Taipei Report】台湾の「アップルニュースネットワーク」の売却で、香港の「アップルデイリー台湾支部コンサルタント」として、スタッフの解雇やその他の清算作業を実行するために台湾に来た香港メトロポリスデイリー社長の李永康、入国管理局およびその他の関連機関によって承認されました。ユニットは、台湾に来る目的が法律に違反している疑いがあると判断し、現在、相手方の居住許可を取り消し、10日以内に出国することを要求しています。アップルデイリーの台湾支社が今月10日に台北市労働局に多数の解雇計画を報告したと理解されています…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。