18歳の公民権改正法案はDPPを可決しました:26年の終わりに新しいマイルストーンを促進します

立法院は本日(25)、民主進歩党、人民党、タイムズパワー党が共同で提案した「18歳の市民権」憲法改正法案を可決した。 DPPのスポークスマンXiePeifenは、DPPが1996年に18歳の市民権を擁護し、促進し始めてから26年が経過したと述べました。今日…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。