18歳の市民権」青年グループは政府と野党に叫んだ:この憲法改正は次の選挙で1票少ない票に投票しないだろう

立法院が憲法改正に賛成[呉秀偉記者/台湾報告]「中華民国憲法第1条改正案(18歳の市民権に関する部分)」を掲載明日の立法院会議の議論で。多くの非政府組織は、政府と野党に彼らの違いを脇に置いて賛成票を投じるよう求め、「今回は憲法改正に投票することはなく、次の選挙では投票が1つ少なくなるだろう」と叫んだ。 「最大10…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。