18歳の市民権修正法案は、年末に国民投票に賛成して下院で//109票を可決しました

【陳雲記者、呉秀偉/台北報告】昨日、18歳の市民の憲法改正案が立法院を通過した!立法院は3回目の読書で「中華民国憲法第1条の改正」を可決し、現在の立法院は全会一致で109票の賛成票を投じました。これはまた、国民投票のために提出される最初の憲法改正であり、年末の9対1の総選挙で国民投票に提出される予定です。憲法第12条に基づき、9対1の総選挙での965万票の基準が改訂されました…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。