DPPの桃園レイアウトはLinZhijianの前進に向かって動きます

【ヤン・チュンフイ記者/台北レポート】桃園市と新竹市の市長へのDPPの指名は引き続き進んだ。先週の金曜日、党首を兼務する蔡英文大統領が個人的に調整し、蘇貞昌(蘇貞昌)大統領、桃園市長、鄭文蛮(鄭文萬)などの高官を招いて意見交換を行ったとみられる。会議中、ほとんどの人が新竹市長の林志建氏の桃園への移転を前向きに見ており、林氏の桃園市長候補の現在の計画についても一定の合意に達した。スケジュール的には、6月末頃にパーティーと新竹市での調整を終えたいと思います…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。