Ke Wenzheは、国務院台湾事務局がガイジンシア橋に別れを告げるべきであり、DPPが「反抗的」であってはならないと主張している

台北市長のKoWenzheは、神社橋の建設を提唱しました。中国国務院台湾事務局のスポークスマンである馬暁光は、厦門とジンメンの間の橋は海峡の両側の人々の要求を満たすのに良いことであり、共通の発展を助長していると今日反論した。ジンメンと厦門の..

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。