Qiu Taisanは、主権国家の相互承認に言及し、台湾事務局は、彼が二国家理論をエスカレートしようとしていたと主張して、「ジャンプピエロ」を叱った。

本土問題評議会のQiuTaisan議長は最近、馬英九前大統領の海峡の両側が「互いの主権を認めず、互いの統治を否定しない」という主張はもはや十分ではなく、すべきであると述べた。お互いの主権を認めなさい。」中国国務院台湾事務局のスポークスマンである朱鳳蓮は、一部のDPP政治家を政治的性質と一党制から叱った…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。