R&D代替サービスユニット60%の定着率は半分以下

[記者黄京希/台北レポート]2008 年以来、国の全体的な経済発展に沿って、資格のある起草者は R&D 代替サービスとして働くことを選択できます.ユニットの 60% 以上は 50% 未満の保持率を持っています, 2022年には203ユニットが代替起草者の研究開発に配属され、過去には143ユニットの定着率が50%未満で、70%以上を占めており、代替ドラフトには不利である.キャリアは、業界での才能の保持にも影響します…

發佈留言

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。